新聞の社説から世の中を見る【世界の新聞「101紙」の視点】

世界の新聞の社説・TOP記事をあなたに

人質事件は国防に影響するのか

2015年1月29日(木)14時現在の各紙サイトより

28日付「人民日報日本語版」
『人質事件、日本にとって何を意味するか?』の評論。


『米CNN電子版は25日、「人質事件、日本にとって何を意味するか?」と題した
社説の中で、人質事件が日本の安全戦略強化の取り組みにどのような影響を
及ぼすかが注目されていると報じた』

『この危機は、日本の本土から遠く離れた場所における影響力の不足を浮き
彫りにした。日本はより積極的かつ先見性のある安全戦略により、東アジア
以外の地域にも影響力を拡大する必要がある』

『米月刊誌『アトランティック』もまた、イスラム国の斬首事件は、安倍首相
による日本の「再軍事化」路線を助長する可能性があると分析した』

『ニューヨーク・タイムズは25日、人質の運命は日本で連日焦点となっており、
安倍首相の試練にもなっていると伝えた』

『政治アナリストは、「今回の斬首事件は、日本に国際事業でより積極的な
役割を担わせようとする安倍首相に反対する、平和主義を堅持する日本国民の
勢力を強める可能性がある」と分析した』

『上海国際問題研究院アジア太平洋研究センター副主任の廉徳瑰氏は25日、
環球時報の記者に対して、「安倍政権は集団的自衛権の行使を容認し、海外
派兵しようとしている。この目標を実現するため、人質事件を利用できる。
しかし現状を見る限り、朝鮮の拉致事件、東中国海などの情勢は、すでに安倍
政権の十分な口実になっている。人質事件がなくても、安倍政権はその政策を
推進できた。今回の人質事件は、日本の情報面の改善を促す可能性が最も高い。
これまでも日本人が海外で拉致されることがあったが、情報収集部門が力を
持たず、仲介者を見つけられず、米国に支援を求めるしかなかった。しかし
米国も手を貸すことはできなかった。ゆえに今回の人質事件は、日本の情報
収集部門の改善の維持と、情報収集能力の強化を促す可能性がある」と指摘した』


今回の人質事件をきっかけに、日本が国防強化に進むのか、或いは軍縮の機運
が高まるのか、気になるようです。

メルマガ登録解除
バックナンバーpowered by まぐまぐ!
まぐまぐ殿堂入り
メルマガ購読
世界の新聞「101紙」の視点

読者登録規約
バックナンバー
powered by まぐまぐ!
サイト内検索
カレンダー
最近のブログ記事
カテゴリー
月毎アーカイブ
ホームページ作成 大阪

このページのトップへ