新聞の社説から世の中を見る【世界の新聞「101紙」の視点】

世界の新聞の社説・TOP記事をあなたに

名護市議選について

【国内主要6紙の本日の社説】

2010年9月14日

(以下、掲載順は日々変更)

【読売新聞】
『銀行新規制 邦銀は自己資本の充実を急げ』
『名護市議選 より困難になった辺野古移設』
(詳しくはこちらへ)

【朝日新聞】
『再び民主議員へ 新しい政治を突きつめて』
『名護市議選 重い民意が加わった』
(詳しくはこちらへ)

【産経新聞】
『対中姿勢 尖閣の守り強化が課題だ』
『防衛白書 当然な海兵隊の役割評価』
(詳しくはこちらへ)

【東京新聞】
『名護市議選 県内反対の民意は重い』
『銀行の新規制 貸し渋りを招かぬよう』
(詳しくはこちらへ)

【日経新聞】
『法治国家として中国に粛々と対応を』
『もっと真剣に沖縄と協議を』
(詳しくはこちらへ)

【毎日新聞】
『代表選...政治資金問題 疑問は積み残された』
『代表選...財源・景気対策 10年先も考え選択を』
(詳しくはこちらへ)


【中東メディア 最近の主な社説表題】


日本語で読む中東メディアより

『世俗主義者の中にも深い分裂』(Radikal紙)
『「十分ではないが悪くもなかった」エルドアンのディヤルバクル演説』(Radikal紙)
『中身はからっぽ!エルドアンのディヤルバクル演説』(Milliyet紙)
『改憲国民投票にイエスか、ノーか』(Radikal紙)
『ラディカル紙へ、感謝と別れの言葉』(Radikal紙)
『ラマダーン月と物価上昇』(Al-Ahram紙)
『軍のヘゲモニーの伝統いかに』(Radikal紙)


【世界主要紙 最近の主な社説表題】


世界日報さんのサイト世界の新聞は何を言っているか?より

ニューヨーク・タイムズ(米) 『9年目の9・11に際して』
ワシントン・ポスト(米) 『ウランの濃縮を続けるイラン』
ガーディアン(英) 『英皇太子は慎重に行動を』
ルモンド(仏) 『仏、EU、そしてロマ』
ベルリーナー・ツァイトゥング(独) 『言論の自由を脅かすエリートの沈黙』
モスクワ・タイムズ(ロシア) 『ロシアはたばこ規制を強化せよ』
中国青年報(中国) 『ダニ・パニックは防疫体制への不信の表れ』
朝鮮日報(韓国)  『離散家族再会を真に人道的なものに』
フィナンシャル・タイムズ(英) 『英国の核抑止力』


【桐鳳オススメのニュースサイト】

新聞コラム社説リンク
国内主要紙・地方紙の社説・コラムへのリンク集です。
業界紙・英字紙にもアクセスできます。

Newseum「Today's Front Pages」
世界各国の新聞のトップページが、新聞紙のレイアウトそのままに閲覧できます。
その数なんと、50~70カ国・500~700紙。
日によって変動はありますが、よく毎日更新できるものです。
PDFで閲覧でき、拡大表示・印刷も可能です。

OpinionSource「Today's Newsletters」
米・英・中・中東・印など主要紙の、最新といってもよい社説が掲載されております。

Google翻訳
テキストやウェブページをその場で翻訳できます


独断と偏見はご容赦!【最近の社説の、ここに注目】

名護市議選について書かれた社説を見てみる。


名護市議選を社説で掲載している国内主要紙の他、赤旗と地元・沖縄タイムスの主張も引用した。


沖縄タイムスの一節、

『市議を選ぶことが日米同盟にもかかわる選択になるなんて、市民には迷惑千万なことだろう。しかしこの国の外交・安保はそうなってしまっている』

『基地問題の全責任を負うべき政府は息をひそめて市議選を注視し、一部本土メディアは告示を受けて「普天間の行方を左右」と書いた』

『有権者約4万人の判断に国策を占う異様な選挙は、移設反対の稲嶺進市長にフリーハンドを与えた』

これらが、興味深い。

「民意を尊重すべき」とする論調に対する皮肉とも受け取れる。

確かに、一自治体の『有権者約4万人の判断』が『国策を占う』『日米同盟にもかかわる選択になる』というような市議選は、『異様な選挙』といえるかもしれない。

「ほら、名護市の方々もこう仰っているじゃないですか」

そう言って、国の根幹にも関わる大事が名護市民の選択によって左右されるというような現状は、『市民には迷惑千万なことだろう。』


『昨年末の時点では、米国は辺野古移設の微修正を容認しており、沖縄県も名護市も賛成する案がまとめられる環境にあった』

『ところが、鳩山前首相が決断を先送りした。その結果、1月の市長選における反対派の稲嶺市長の当選、そして今回の市議選と、状況はどんどん悪化している』
(以上、読売紙)

『次の大きな焦点は11月28日の沖縄県知事選である。知事選は再選をめざす仲井真弘多知事と、県内移設に反対の伊波洋一・同県宜野湾市長の戦いになる雲行きだ』(日経紙)

このまま決断を沖縄知事選まで更に先送りしてしまうような、鳩山前首相と同じ轍を踏むような事態になってしまうのだろうか。


沖縄タイムスの社説表題、『敗れたのは日米政府だ』は、言いえて妙だ。

今回の市議選で落選した候補者の敗因は、移設容認派ということによるものではなく、日本政府の姿勢によるものだということだろう。


メルマガ誌上では、社説引用文による要約も掲載しております


今日の雑感

弊誌ホームページにて、【本日、あなたが最も共感『しなかった』社説は?】アンケートを実施しておりますが、ほとんど回答がないのが実情です。(苦笑)

読者の方から提案をいただき、「それも面白いかも」と思って始めたものですが、ほとんど機能しておりません。

そこで、ホームページでのアンケートを変えてみることにしました。

これからは、昨今の話題を硬軟織り交ぜてアンケートにしてみようと考えております。

本日分は、「辺野古と県外、基地を移設するならどちら?」です。


例によって、思いつきで「とりあえずやってみよう」とスタートする企画。

いつまで続くか分かりませんが...。


【昨今の話題】アンケート

【辺野古と県外、基地を移設するならどちら?】



締切:2010年09月15日22時00分
Powered By クリックアンケート
【あなたが最も共感した社説は?】アンケートを、メルマガ誌上にて実施しています

メルマガ登録解除
バックナンバーpowered by まぐまぐ!
まぐまぐ殿堂入り
メルマガ購読
世界の新聞「101紙」の視点

読者登録規約
バックナンバー
powered by まぐまぐ!
サイト内検索
カレンダー
最近のブログ記事
カテゴリー
月毎アーカイブ
ホームページ作成 大阪

このページのトップへ